東京 岡山 エクスプレス予約

東京〜岡山の新幹線でエクスプレス予約を使う

新幹線での出張が多いビジネスマンが利用するのがエクスプレス予約
エクスプレスカードという専用のクレジットカードを作って会員登録をすると、パソコン・携帯・スマホから東海道・山陽新幹線の予約をすることができます。

 

しかも、料金割引価格になり、東京〜岡山間では「のぞみ」指定席通常料金17,340円が16,010円と1,330円安くなります。
料金的には往復割引格安チケットとの大差はなく、それほどメリットがないように思えます。

 

ところが、エクスプレス予約も「早特」など購入するきっぷを探すと東京〜岡山の料金は安くなります。
この区間で使えるきっぷと、エクスプレス予約を利用するメリットをご紹介しましょう。

 

1.往復割引と同時に使える

当日や前日にきっぷを購入しても安くなる往復割引
しかし、エクスプレス予約と併用しようと思うと、特急券と乗車券を別で購入する必要がありました。
ところが、2017年9月からは「EX予約サービス(往復割引)」でエクスプレス予約にも往復割引が適用され、さらに料金も安くなりました。
料金は片道14,760円で、EX予約サービス(16,010円)よりお得です。

 

2.早特でさらに安くなる

エクスプレス予約にはEX早特という制度があり、3日前までに切符を予約すると、通常の予約よりもさらに安くなります。
東京〜岡山なら、EX早特の片道料金は平日14,400円、土休日14,000円。
21日前までに予約するEX早特21なら、片道料金は13,000円とかなり格安です。

 

3.グリーン車にも安く乗れる

東京〜岡山のグリーン車料金は23,300円ですが、エクスプレス予約のEX早特料金は平日20,360円、土休日18,700円。
「のぞみ」のグリーン車もこの料金で乗ることができます。

 

このように早特の利用でメリットがあるエクスプレス予約、実際にはどんな時に利用すると、他の方法よりお得感があるのでしょうか?

 

エクスプレス予約はどんな時にお得?

エクスプレス予約以外にも、東京〜岡山の新幹線にはいろいろな方法で安く乗ることができます。
そのいろいろな手段の中からエクスプレス予約が最もお得な時とはどんな時でしょうか?

 

日帰りの場合

東京〜岡山を往復&宿泊する場合は、合計料金が一番格安なのは新幹線ホテルパックです。
ところが日帰りの場合には利用できませんので、エクスプレス予約の早特を利用するとお得です。

 

片道利用の場合

片道は飛行機を利用するなど、片道のみ新幹線利用の場合もエクスプレス予約の早特がお得です。

 

東京から岡山へ帰省する場合

東京から岡山の実家へ帰省するなど宿泊不要な時は、エクスプレス予約の早特での往復はお得です。

 

 

エクスプレス予約は本人のみ?

エクスプレス予約は1人で出張するビジネスマン向けのイメージがあります。
ICカードを使って1人で利用すると本当に便利なのですが、家族旅行や2人以上での利用時には専用のICカードは使えません。
ところが、2名以上で利用する時にも、専用券売機でチケットを発券さえすれば、同額の割引料金で新幹線に乗ることができます。

 

ただし、家族や友人との旅行の場合は、新幹線宿泊パックを使うと、旅行代金は一人10,000円以上安くなるので、こちらの方が断然おススメです。

 

朝6時台と11〜15時台に出発する「のぞみ」にはEX早特21で乗ると安いです。
21日前までに予約する必要はありますが、料金は片道13,000円とEX早特よりも格安。
しかし、やはり往復+宿泊の合計料金は新幹線宿泊パックの方が1人5,000円以上安くなります。