東京 岡山 ひかり

東京〜岡山で「ひかり」に乗ると・・・

「のぞみ」が誕生するまで、最も早く長距離を移動することができた新幹線「ひかり」。
東京〜岡山の移動も、「ひかり」の利用が当たり前でした。

 

しかし、「のぞみ」の登場で本数は減り、現在では東京〜岡山を結ぶ「ひかり」は朝と夕方以降を除いて毎時間1本。
そんな「ひかり」を利用するメリットについて考えてみたいと思います。

 

東京〜岡山の「ひかり」の料金は?

通常期で「のぞみ」の普通車指定席を利用すると、片道料金は17,340円。
これに対して、「ひかり」を利用すると片道16,820円と片道520円安くなります

 

のぞみ・ひかりとも、指定席を利用する場合、繁忙期では200円アップ、閑散期には200円引きという料金になるので、閑散期に「ひかり」を利用するとさらに安く、片道16,620円です。

 

安くなるのは「ひかり」より「のぞみ」?

無理に「ひかり」を使うよりも、「のぞみ」にもっと格安に乗る方法もあります。
詳しくは「東京〜岡山の新幹線を格安にする!」のページをご覧ください。

 

所要時間と停車駅

東京〜岡山の所要時間は、「のぞみ」が約3時間30分、「ひかり」を利用すると約4時間10分かかります。

 

このように所要時間に差が出るのは、停車駅の数。
「のぞみ」に比べて「ひかり」は停車駅が多いのが特徴です。
東京を出発してから、「のぞみ」の停車駅である新横浜・名古屋・京都・新大阪・新神戸以外に、静岡県内の熱海・三島・静岡・浜松などの駅に停車する他、京都から岡山までは全ての駅に停車します。

 

東京〜名古屋や名古屋〜新大阪など、「のぞみ」の所要時間と「ひかり」の所要時間に大差がない場合があります。
ところが距離が長く停車駅も増える東京〜岡山間では、時間の差は約40〜50分。
この時間の差より、差額にメリットを感じられれば利用する価値は有りですね。

 

 

エクスプレス予約の早特は「のぞみ」にメリット!

 

会員限定で利用できる割引予約サービス「エクスプレス予約」。
3日前までに予約すると料金が安くなるEX早特というきっぷがあります。
これを利用すると、東京〜岡山間は平日片道14,400円、土休日なら14,000円。
さらに、EX早特21を21日前までに予約すれば片道料金は13,000円。
ただし、この料金で乗れるのは「のぞみ」です。(EX早特21は発車時刻に制限あり)

 

料金や時間を比べてみた限り、「ひかり」を利用するメリットとして大きく目立ったものはありません。
どちらかというと、「のぞみ」の停車駅以外の駅を利用する時に使う列車という感じですね。

 

自由席が多いのは「ひかり」

16両編成の東海道・山陽新幹線で、自由席の数は「のぞみ」が3両、「ひかり」は5両。
自由席の数は「ひかり」の方が多いです。
自由席の料金(16,300円)と「ひかり」指定席の料金(16,820円)は決して大きな差額ではありません。
ところが、乳幼児に関しては、自由席は無料ですが、指定席に座ると子供料金がかかります。
指定席と自由席の大きな違いはここで、「ひかり」は自由席の数が多いので、比較的座席の確保はしやすいでしょう。
幼児がいる家族旅行の時に自由席を利用を利用すると大きな料金的メリットがあります。